虫歯

虫歯をならないためには、磨き残しを失くすことが大切になります。
磨き残しが多くある場所としてあげることが出来るのが、奥歯です。奥歯は、目に見えない事もありますが、歯磨きをすることが難しいことがあります。
奥歯の溝や歯茎、歯と歯の間などを磨くことが難しく磨き残しになり、そこから虫歯になる事もあります。
また、歯並びが悪い人によって、磨きにくい歯が異なります。通常の歯磨きだけでは、落とすことが難しくなります。
歯磨きをして、磨き残しが多い場所を知ることで、より丁寧に磨く事ができるようになります。
磨き残しが多いことを知るためには、歯科に行って教えてもらうことが大切になります。
オーラルケアには、虫歯を失くすことがとても大切になります。
オーラルケアに対して、歯科にアドバイスをもらうことが出来ます。
歯並びに合った歯磨き道具を教えてもらうことで、磨き残しを失くすことが出来ます。

歯を磨いた際には、舌で歯の状態を確認することが大切です。
舌を使って歯のヌメヌメ感やザラザラ感などを調べることが出来ます。
他にも磨き残しがないのかを調べることが出来ます。
歯の表から裏まで隅々と調べることによって、磨き残しを失くすことが出来ます。
舌でのセルフチェックを行うことによって、虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持することが出来ます。

食べ物など口に入れる時には、口の中は酸性になります。
酸性になることで、食べ物の消化を助ける働きがあります。
酸性の状態が続くことのよって、虫歯ができやすい環境になります。
食後から数時間経つ唾液の働きによって、中性に戻りますが、間食でお菓子やガムなどを食べていると、口の中は酸性の状態になります。
口腔内を中性に保つためには、食べ終わった後に間食をしないことが大切になります。
オーラルケアをする際にとても大切なことになります。