口臭ケア

歯や口腔内の汚れによって、口臭を放つ原因になっています。
汚れにも種類があり、適切なケアをすることで改善することが出来ます。
オーラルケアをすることで、口臭を清潔にすることはとても大切になります。
歯や口の中の汚れは大きく分けて4つに分けることが出来ます。
歯垢、歯石、着色、舌苔などが口臭の原因としてあげることが出来ます。

食事をすることによって、口腔内に残った食べ残しが菌によって、分解され、歯に付着している物体のことです。
歯垢には、少しの量で数億個の菌がいると言われています。
適切な歯磨きをすることによって、歯垢を除去することが出来ます。
歯垢が溜めることによって、口臭や虫歯の原因になります。

歯に付着している歯垢をそのままにしておくことによって、石灰化して歯石になります。
歯石は表面がボコボコしている状態になります。
歯石は歯磨きでは、除去できないこともあります。
除去出来ない場合は、歯科を利用して除去してもらうことが出来ます。
歯石ができた歯には、どんどん歯石ができやすい状態なので、何もしないままになると歯石が付着していきます。
歯科では、歯石以外にもオーラルケアをすることができます。

着色は、コーヒーや紅茶などに含まれている色素やタバコに含まれているニコチンやタールが歯に付着したものを言います。
着色は、歯磨きでは、落とす事が出来ません。
歯科を利用して、ホワイトニングなどを行うこと必要になります。

舌の表面が白く無くことを見ることが出来ます。
白くなっている部分は、菌や食べ残しがたまっていることが原因になります。
口臭の主な原因の一つとしてあげることが出来ます。
専用の歯ブラシを使うなどをしてケアすることができます。
オーラルケアグッズなども販売しています。