唾液の必要性

唾液には、いくつかの作用があります。オーラルケアにとても大切な役割をしています。
作用によって、健康な歯を維持することが出来ます。
唾液の分泌量は、ストレスや過労、加齢などによって異なります。
常に湿っている状態を保つことが大切になります。
乾きが早い人は水分を補給することが大切になります。
唾液は口腔内の洗浄作用があります。口腔内が汚れているときなどに唾液を流すことによって、汚れを流し落とす作用があります。

口腔内は、常に同じ中性の状態に保つようになっています。
食事などを行うことによって、口腔内は、酸性になります。
酸性になることで、口の中にある物の消化を助ける働きをしています。
酸性なることで、虫歯になりやすい環境になります。
口腔内の環境を酸性から中性にする作用として唾液の緩衝作用があります。
緩衝作用を起こすことによって、オーラルケアをすることができます。

歯に表面は、エナメル質と言われている幕で覆われています。
口腔内が食後の酸性になることによって、歯に含まれているカルシウムやリン等のミネラルが溶け出します。
溶け出したミネラルを唾液は再石灰化することによって、歯に沈着することができます。
色々な作用が働くことで、健康な歯を維持することができます。

口腔内は、常に唾液が分泌されている状態です。
そのため、常に口腔内は保湿している状態でいます。
保湿することによって、口腔内の周りを歯で傷つけることがなく、食事を撮ることが出来ます。
オーラルケアをする際に唾液のさまざまな作用はとても大切になります。
いろいろな知識を身につけることによって、効果的なオーラルケアをすることができます。